私生活での経験が仕事に役立つ

一人あたりの仕事量がかなり多く、ハードだと言われている医療の仕事。仕事に懸命に打ち込むのは素晴らしい事です。しかしあまりに仕事対して熱中してのめり込みすぎて、他の事を疎かにするのは問題です。仕事にかかりっきりになってしまい、プライベートを犠牲にするようでは、人生の貴重な時間を無意味に過ごす事になりかねません。また身近な人たちを大切にして、仕事だけでなく生活も充実させることは、医療の仕事にもプラスの効果が生じます。

特に、人との触れ合いがメインとなる看護師は、仕事以外での付き合いを大切にする必要があります。コミュニケーション能力の高い優れた看護師は、人生経験がその能力の背景にあるのです。プライベートで仕事以外の多くの経験を積んでいれば、その経験を仕事にも生かすことができます。これまで仕事一筋で働いてきた看護師には、自身が私生活で培ってきた経験をあまり持ちません。そうしたことから、患者や職場の関係者とのコミュニケーションがうまくいかない問題に直面する可能性もあるのです。

仕事に対して真剣に打ち込む事は重要であるものの、プライベートと上手に両立させた方が能力アップに高い効果が望めます。また、私生活を大切にしていれば、うつ病など精神的な病気も縁遠いものになります。ライフスタイルの重要性について改めて考え直し、プライベートの時間をきちんと確保するようにしましょう。仕事ばかりの人生になってしまっては、後々「もっと遊んでおけば」と後悔してしまいかねません。人生は一度だけなので、健康で元気な体がある内にやりたいことを思いっきりしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です