生活サイクルを見直すこと

看護師の仕事は一般の人が思っている以上にハードなもので、看護学校に通い研修を受けた人なら感覚としてわかるかと思いますが、それでも正式に働きだすとさらに大変だということに気付かされると言われています。誰かの役に立つ、やりがいがある、そういったポジティブな気持ちを持って働けるのは確かですが、肉体的や精神的な面でかなり疲労するのも事実です。

そしてさらに厄介になるのが夜勤です。必然的に生活サイクルが狂ってしまいます。これに関しては慣れによって時間が解決してくれることもありますが、ここで大切なのは生活スタイルを見つめて、理想のスタイルを習慣化することです。生活スタイルとはその人なりの生活の様式や営み、人生観や価値観を含めた個人の生き方であり、これらがしっかりとしていれば精神的な支えになるだけでなく、今後の方針になってくれるでしょう。

看護師は患者の世話をする、フォローをすることで自然と他者の価値観に触れることになります。これにすぐに影響を受けてしまうと自分の考え方がぶれてしまう場合もありますので、自分の価値観に一本芯を通しておくことが大事です。自分自身に筋を通しておくことで、芯の通った看護ができるようになるため、予め自分が看護で何を重視したいかを常に考えておきましょう。仕事を長く続けていくためにはぶれないこと、信念を持っておくことが大切なポイントになってきます。自分の生活スタイルを見直すこと、価値観に芯を一本通しておくことで、仕事や周囲の人に振り回されることなく生きていくことが可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です